消費者金融 低金利

利息

借りやすい金融ガイド

金利計算

消費者金融でお金を借りると毎月、元金と合わせて金利を支払わねばなりません。金利は上限金利の20.0%が最大として、低いところは銀行系の2.6%から中小消費者金融の18.0%まで、様々ですが、借りる側からしてみればなるべく低い金利の金融会社で借りたいものです。

レディースローン

たとえ0.1%といえども、何年も払い続ければ結構大きな金額の差になります。基本的に大手や銀行系のキャッシング会社ほど金利が低く、5.5%から12.0%の範囲で設定されています。但し、金利が低いほど借り入れ審査は厳しくなりますので、認識しておいて下さい。

主婦

次に中小の金融会社が8.0%から15.0%の範囲の金利幅で設定されています。大手ほど審査は厳しくないものの、総量規制の対象となる人や、ブラックリストになっている方は審査に通りませんので注意して下さい。

貸金業に登録していない、いわゆる闇金融の類は上限金利を厳守していない違法業者も含まれています。多重債務でどこからも借りれない人の弱みに付け込んで、融資の勧誘をしてきますので、よくよく注意をしてください。

国内の貯蓄率

景気の低迷により、国内の貯蓄率の低下に歯止めがかからないのが現状です。上がらぬ所得に対して税金が上がっていくことは、つまり貯蓄を取り崩すことでしか対処ができていないのです。世界一といわれた日本の家計貯蓄率はもはや崩壊してしまったということです。

おまとめローン

また、高齢者が貯蓄を取り崩しているのみでなく、団塊世代の定年退職により更に貯蓄が現象していくことが予想されます。景気が低迷すれば所得も削られます。そうなれば、ローンなどの支払いも行き詰まる人も出て、やがて自己破産をする人も増加していくでしょう。

自己破産の要因

金利の自然化による上昇のみでも再び自己破産が増加し、10世帯に1世帯の自己破産という事態が発生する恐れもあります。無論、自己破産の要因の総てが消費者金融というわけではありません。

借金

実際にはパチンコや競馬などの博打で借金を増やした人や、連帯保証人で借金ができた人もいるでしょう。消費者ローンの問題は、たいていの人が金利1%の重みを知らずに、金融会社につけこまれたケースが多いようです。

 

金融ローンで重要なことは、第一に金利といえるでしょう。この金利は、キャッシングローンの契約を完了し、融資を受けて完済するまで、払い続けなくてはなりません。

審査基準を考える

借り入れ件数が多い多重債務者向け融資は審査基準が甘い消費者金融がお奨めです。銀行系や中小の消費者金融では審査が甘くありませんので、審査に落とされる可能性が高いです。確実にお金を借りるなら、審査が甘い金融会社で申込みされたほうが絶対有利になります。

 

金利もそれほど差はないですし、法定金利を大幅に上回っているようなヤミ金融を敬遠すれば問題ありません。確実に借りるならば、申込みの段階で契約書をよく確認されることをおすすめします。